専門・短大・4大のメリット・デメリット

Hot Topics
専門・短大・4大のメリット・デメリット

若いうちに将来をどうするかを定めるのは、なかなか難しい問題です・・・ (男性 38歳)

若いうちに将来をどうするかを定めるのは、なかなか難しい問題です。
やりたい事が定まっている人は良いです。

しかし、多くの人が、迷いの中で、今ひとつ明確な答えが出ないまま、ただ漠然と誰かの引いたレールに沿っている、なんてことはよくある事です。

自分が将来何をするのか。何をしたいのか。大学に進むべきなのか。すぐに働きたいのか。そういう意味で、早いうちから専門・短大・4大のメリット・デメリットを考えるのは、重要です。

まず専門学校や短大は、専門分野を学べるところで、だいたい期間が2年と定められています。2年後には働くことになります。短い期間を充実して学べるかもしれませんし、逆に焦りになってしまうかもしれません。余裕がなくなってしまうかもしれません。その2年が短いか長いかは、人によってはメリットになるか、デメリットになるか難しい判断です。

しかし方向性が定まっているという意味では、メリットなのかもしれません。
4大は4年という倍の期間があります。これは長いと見ていいのではないでしょうか。
しかし逆にこの長い時間が、デメリットになる場合もあるかと思います。4大に進む人の多くは、将来に何になるかという、明確なビジョンを持ってない事が多いからです。
だから道に迷い易く、長い時間がさらに迷いを深めてしまう危険性もあります。4年という期間は、余裕を生んでしまいます。
専門・短大・4大のメリット・デメリットを考えた上で、自分の性格に合う道を見つけなくてはなりません。そこは客観的にとらえてくれている、担任や親に相談してみるのもひとつの方法です。


Copyright(c) 2017 専門・短大・4大のメリット・デメリット All Rights Reserved.