専門・短大・4大のメリット・デメリット

Hot Topics
専門・短大・4大のメリット・デメリット

毎年、一月になるとセンター試験が始まり・・・ (男性 45歳)

毎年、一月になるとセンター試験が始まり、それをニュースで取り上げています。そのニュースを見ると、入試の季節だなと思います。
最近は、4年制の大学に入るのも、推薦と一般だけでなく、色々な方法があります。昔と違って、大学の難易度を無視すれば、どこかの大学には入れるのかも知れません。大学の数も多くなっていますし、逆に、受験する子どもの数は減っていくので、これからは誰でも望めば、大学に入れるのかも知れません。
大学を卒業して、学士の称号をもらえるのはメリットですが、大学の授業料は安くありません。授業料を4年間も払うというのは、デメリットです。
それより、自分でやりたいことを早く学んで卒業したいと思っている人は、専門学校へ行くのがいいかも知れません。
専門学校だと、大体は2年制で、大学の半分の期間で済むし、早く社会に出る分、それだけ給料も早くもらえるのがメリットだと思います。ただ、途中で職を変えたいと思う時には、他の事を学んでいないので中々、潰しが利きません。そこはデメリットだと思います。
その大学と専門校の中間が、短大だと思います。最近は、短大でも専門校のように専門性のあるものも学べるところもありますし、2年で大抵は卒業できます。それに、教養課程もあるので、専門校よりは幅広く学ぶことができると思います。


Copyright(c) 2017 専門・短大・4大のメリット・デメリット All Rights Reserved.