専門・短大・4大のメリット・デメリット

Hot Topics
専門・短大・4大のメリット・デメリット

専門学校や短大は、就学期間が短いので早く社会に出られます・・・ (女性 51歳)

専門学校や短大は、就学期間が短いので早く社会に出られます。その分、教育にかける親の費用は少なくて済むのがメリットです。

また、専門学校はビジネスや資格に直結した物が多いので、その分社会に出た時に、スキルを持って出られるというメリットもあります。また早く就職すると、その分稼ぐのも早くなるのもメリットです。

4大のメリットは、企業の採用の条件が大卒以上となっていたり、就職後も幹部候補生として総合職に就けるなど、就職に関しても有利な点、また、研究室に入って大学院に進学したりなど、ある分野を深めていきたいと考えると、選択肢が豊富になるというのはメリットです。

初任給が4大の方が、専門・短大に比べ高くなっています。4大のデメリットは、やはり大学4年間の学費の問題です。
専門や短大に比べ2年は長いので、その分コストがかかります。就職するのも、専門、短大に比べると遅くなります。
また、4大は就職に特化したカリキュラムではなく、誘惑も多くなるため、大学で漫然と時を過ごし、就職してからのスキルが身についていないという場合があるのもデメリットになります。

大学と一言で言っても、色々な大学があります・・・ (男性 37歳)

大学と一言で言っても、色々な大学があります。大きく分けて、4大・短大・専門とあります。
自分がこれをしたいと決まった人間は、専門学校に行く人が私の周りには多いです。
大まかですが、とりあえず大学にいって何かを学びたいと思っている人間は、まずは4大を選ぶ人間が多いように感じます。人それぞれありますが、専門学校はやりたいことの授業を短期間に凝縮して学ぶため、かなり大変な労力を要します。ただ、卒業までできれば、手に職があるわけですから、卒業してからの道を選ぶのは、自然と決まっていきます。
但し、専門で学んでいる最中に、自分が目指す方向に違和感を持ってしまうと大変。最後まで何も残らないと言うこともありますし、卒業して就職してからも、その道を辞めてしまっては、次の職を探すのが大変です。

4大・短大はその点は融通が利きますが、なかなか自分が目指す道を見つけられずに、ダラダラと大学生活を終えてしまう恐れがあります。自分が目指す道が早く見つかるのが一番いいです。


Copyright(c) 2016 専門・短大・4大のメリット・デメリット All Rights Reserved.